ペットが亡くなったら

突然のことで気が動転していことと思います。まずは心を落ち着かせ、できるだけ可愛いきれいな姿で安らかに旅立てるように準備をしてあげてください。

1.やすらかな姿勢で

ペットの死後硬直は、予想より早く手足から腹部、頭部へと広がります。
ご遺体をそのままにしておくと、不自然な姿勢まま硬直してしまいますので、ペットが亡くなったら、両手足を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。
(死後硬直をしないペットもいます)

2.ご遺体を清める

まぶたや口は閉じてあげましょう。しかし、どうしても閉まらない場合は、そのままでも問題はございません。
次にご遺体の下にシートを敷き、ブラッシングで毛並みを整え、お湯で湿らせた布・ガーゼなどでお顔や頭部そして全身、お尻付近をやさしく拭き取ります。
(この時、ご遺体から体液などがにじみ出す場合もありますので注意してください)

3.ご遺体の安置

涼しいお部屋で安置してください。暑い季節はご遺体の傷みが早くなるため、氷嚢やアイスノンなどの保冷剤をタオルにくるみ、脇の下からお腹の辺りに当ててください。

用意するもの

  • 段ボール箱(ご遺体が入る程度のもの、なければ不要)
  • バスタオルか毛布(ペットご愛用のもの)
  • ビニール袋(ご遺体が濡れないように)
  • 保冷剤か氷(冷蔵庫の氷でも良いが溶けやすいので交換する。もしくはコンビニエンスストアで購入)
  • 古新聞か古雑誌(一番下に敷く。保冷剤との緩衝と保冷効果をあげるため)

ご遺体は冬場で2日位、夏場で1日位までは、上記のご安置方法で大丈夫です。

 4.亡くなったその日は

亡くなった当日は家族みんなでお別れ(お通夜)をしてあげてください。

  1. 生前のお写真を飾る
  2. 生花・お水・お線香・ローソクをお供えする
  3. 愛用していた食事の容器などに好きだった食べ物をお供えする
  4. お気に入りのおもちゃ等を一緒に飾る

※ローソクの火や線香が燃え移らなように、火事には十分ご注意ください。

心を落ち着かせてまずは私どもへお電話ください。ご相談に応じます。
スタッフ一同真心こめて対応させていただきます。